ACS メールマガジン

 
動物循環器病学会

動物循環器病学会メールマガジンNo.6 (2018.01.28 発行)

 

動物循環器病学会 会員のみなさま

 
こんにちは。動物循環器病学会です。
 
2018年初めてのメールマガジンとなります!
みなさま、今年の目標は立てましたか?動物循環器病学会としては、1つは3月の学術会議を無事に行うこと、2つは前回のメールマガジンでもお伝えしましたが、学会誌がJ-STAGEに掲載されることになり現在その準備をしていますので、それを順調に進めること、この2点を2018年前期の目標として、頑張っていきたいです。その他変化に富む2018年になりそうですが、目の前の仕事に前向きにコツコツ取り組んでいきたいと思います!
本年もどうぞよろしくお願いいたします!
 
1月発行のメルマガNo.6の目次はこちらになります。
 
【目次】
Journal Clubより論文の紹介 ホモシステインについて
海外文献のアブストラクト訳 今回は腎臓に話題をしぼって選びました!
学会よりお知らせ
①3月学会のプログラムと事前登録について
②3月学会の検討会での質問を募集しています!!
③学会誌の原稿を募集しています!
④ホームページアドレスおよびメールアドレスが変更になりました

 

Journal Clubより論文の紹介
JASMINE どうぶつ循環器病センターにて定期的に行われているJournal Clubという勉強会にて紹介された論文について、メールマガジンでも掲載させていただいております。
 
メールマガジン 2018年1月発行 No.6.
 
(J1) 犬の僧帽弁疾患の重症度と血清ホモシステイン濃度の関係
担当獣医師より 「この論文はホモシステインが心不全のリスクを推測するバイオマーカーとして有用であるというものです。ヒトでは、高ホモシステイン血症がうっ血性心不全発症の危険因子として明らかになっています。しかしながら、現在、動物用検査機関がないため基準値もなく、結果の解釈には注意が必要であると考えられます。」
 
海外文献のアブストラクト訳
毎月海外文献を数本選び、日本語に訳して紹介しております。今回は腎臓病に絡んだ内容を選びました。これから必要となってくると思われる統計についても、今後掘り下げて載せていけたらいいなと思っています(現在修行中)。ぜひご一読ください!
 
(1) 肺の異常と犬の腎性高窒素血症
(2) 慢性腎臓病の猫における血清クレアチニン、血清ガストリン、カルシウム・リン積、尿毒症性胃疾患との関係性
(3) 慢性腎臓病の猫における腎機能バイオマーカーとしての対称性ジメチルアルギニンおよびクレアチニンの血清濃度の比較
(4) 犬の急性腎障害と尿中バイオマーカー(レビュー論文)
 

学会よりお知らせ

①3月学会のプログラムと事前登録について

3月18日に行われる第3回動物循環器病学会学術会議のプログラムが決まりました。今回はなんといっても、著名な循環器専門医であるDr.KeeneとDr.Gordonお二人のお話を直に聞ける滅多にないチャンスと、わたしたちも非常に楽しみにしております!
最後の統計プログラムでは、実際に発表されている論文をもとに、医学統計学研究センターの丹後俊郎先生に解説をしていただきます。なかなか勉強するのが難しい医学統計。。その突破口となればいいなと考えております。
 
詳しい内容につきましてはこちらをご確認ください。
https://acvms.org/conference/conferernce.html#3rd
フェイスブックでもプログラムをアップしております。そちらもぜひご確認ください。
 
また、事前登録は2月18日(日)までとなっております。ご連絡お待ちしております!
 

②検討会での質問大募集!

検討会のテーマはMRの治療について(内科・外科)ということで、事前に検討会での質問を皆様から募集したいと思います。
以下の項目を記入し、メール info@acvms.org にて送信ください。
①お名前
②ご所属
③ご質問
④どの先生への質問か?(質問したい特定の先生がいる場合)
僧帽弁閉鎖不全症の内科治療と外科治療のエキスパートが揃う非常に貴重な機会ですので、奮ってご応募いただければと思います!
 

③投稿原稿の募集!

動物循環器病学会では、学会誌『Journal of Veterinary Cardiovascular Medicine』の投稿原稿を募集しています。日々の診療の中で集まる貴重な情報を、みなさまでシェアさせていただけたら大変嬉しく思います。我こそは、と思われる先生、ぜひ事務局までご連絡ください。お待ちしております!
 

④ホームページアドレスおよびメールアドレスが変更になりました

本学会のドメイン獲得のために英語名称を変更したことに伴い、学会ホームページのアドレスが変更になりました。また、学会から配信するメールアドレスも変更となります。お手数をおかけいたしますが、お気に入り登録やメールの受信設定をされている方におきましては設定の変更をお願いいたします。
 
動物循環器病学会 Animal Cardiovascular Medical Society ホームページ
https://acvms.org
学会メールアドレス
info@acvms.org(総合問い合わせ先)
submit@acvms.org(学会誌投稿先)
magazine@acvms.org(メールマガジン配信)
 
 
動物循環器病学会は、動物の命を救おうと懸命にチャレンジする先生方のお力に少しでもなれるよう、これからも情報を発信していきたいと思っております。
0℃を下回る寒い日が続いております。みなさま、ご自愛くださいませ。
 
*************************************
一般社団法人 動物循環器病学会
https://acvms.org/
〒224-0001
神奈川県横浜市都筑区中川2-7-3
TEL045-532-8451 FAX045-532-8456
info@acvms.org(総合問い合わせ先)
submit@acvms.org(学会誌投稿先)
*************************************
 

 
 
犬
学会入会のお問い合わせ

表紙
Author guidelines (投稿規定)


SSL GlobalSign Site Seal